福祉情報、バリアフリー情報、ユニバーサルデザインの紹介など、
極私的バリアフリー論などをつぶやいています
クリックで救える命がある。
初診証明・受診状況等証明書
ホーム > 障害年金メニュー > 初診証明・受診状況等証明書


まず最初にあたる壁が初診証明を取る事です、窓口によっては「受診状況等証明書」を先に渡し、初診証明が取れてから他の書類を渡す事もあるそうです。

障害年金制度では初診日がいつであるかが大変重要な意義があり、申請窓口や障害認定日の基礎となります。

初診日にどの公的年金制度に加入していたかにより、受けられる年金が決定します
初診日の前日において、その時までの納付期間を算出し「納付要件」を満たしているかを見ます
20歳未満の無拠出障害年金は初診日の確認
初診日から1年6ヶ月目の日が障害認定日になり、その時点で障害程度の評価を行います
障害厚生年金では障害認定日の属する月までの月数が年金額計算の基礎となります


初診日とは

障害年金における初診日とは、障害の原因となった傷病につき、初めて医師の診療を受けた日とされています、一般的な検査等で後日傷病名が確定された日ではなく、最初に受診した日になります。

診察を受けた日(その傷病に関する診療科や専門医でなくともよい)
健康診断により異常が発見され、療養に関する指示があった場合は健康診断日
同一傷病で転院した場合は、最初の医師の診療を受けた日
同一傷病で、再発のもの、または旧傷病が社会的に治癒したと認められるた場合は、再発し医師に診断を受けた日
誤診の場合は正確な傷病名が確定した日ではなく、最初に誤診した医師などの診療を受けた日
じん肺症についてはじん肺症と診断された日
業務上の傷病については、労災の療養給付の初診日
障害の原因となった傷病にさらに因果関係のある傷病で障害となったものは、最初の障害の初診日
脳出血については、原因が高血圧とされていても、脳出血または脳梗塞により受診した日

社会的治癒とは医学的には治癒していないときでも、社会保障制度の運用の面から医療を行う必要が無くなって社会復帰している状態
無症状で医療をうける事無く相当期間(5年以上)経過していること。
投薬下ににある場合、仕事に従事していても社会的治癒ではありません。

因果関係とは、前の傷病がなければ、後の疾病(負傷は含まない)がおこらないであろうという、因果関係があるという後の疾病をいいます。
因果関係のある傷病で障害となったものは、最初の障害の初診日となり因果関係が認められない場合はそれぞれ別の傷病として扱います。(疑問が残る部分もありますが・・・)

高血圧と脳出血または脳梗塞は因果関係なし
糖尿病と糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害、糖尿病性動脈閉塞症等は、相当因果関係あり
糸球体腎炎(ネフローゼを含む)、多発性嚢胞症、腎盂腎炎に罹患(りかん:病気にかかること)しその後慢性腎不全を生じたものは、両者の期間が長いものであっても、相当因果関係あり
肝炎と肝硬変は因果関係あり
結核の化学療法による副作用として聴力障害を生じた場合は因果関係あり
手術等による輸血により肝炎を併発した場合は因果関係あり
近視と黄斑部変性、網膜剥離、視神経萎縮は因果関係なし
エリテマトーデスの治療過程において、ステロイドの投薬による副作用で大腿骨骨頭無腐食性壊しが生じた場合は因果関係あり
事故または脳血管疾患による精神障害がある場合は因果関係あり
肺疾患に罹患(りかん:病気にかかること)し手術を行い、その後呼吸不全を生じたものは、肺手術と呼吸不全発生までの期間が長いものであっても相当因果関系あり
転移性悪性新生物は、原発とされるものと組織上一致するか否か、転移であることを確認できたものは相当因果関係あり
糖尿病と脳出血または脳梗塞は、相当因果関係なし

受診状況等証明書 受診状況等証明書が添付出来ない理由書
「受診状況等証明書」
初診で受診した病院でその事を証明する物
「受診状況等証明書が添付出来ない理由書」
カルテ破棄などで初診の状況が出来ない証明書

初診から同じ病院に現在も通院していれば何の問題もありませんが、引越などで転院した場合、初診病院へ連絡し診療記録の存在を確認します、診療記録があれば「受診状況等証明書」を持参し、例え遠方でも出向いて依頼しなければなりません(受け取りは郵送で出来ます)。

個人情報保護法により本人では無い場合、委任状などの書類を求められる事がありますので医療機関へご確認下さい。

初診証明が取れない場合

カルテの保存期限は5年と定められていますので、初診証明が取れない場合が多々あります、その時は「受診状況等証明書が添付出来ない理由書」と共に、他の参考資料とあわせて初診の特定に利用されます。
参考資料として認められているもの
労災の事故証明
交通事故証明
健康保険の療養給付記録
身体障害者手帳
身体障害者手帳の交付時の診断書の写し
事業所の健康診断の記録
入院記録及び診察受付記録
インフォームド・コンセントによる医療情報サマリー


ほかに、 母子健康手帳記載の医師診断、カルテが無くともコンピューター内に受診した日付等が残っている場合があります、その事実を出力する事が出来れば参考資料として提出しましょう。
つまり、基本的に病院、公的機関が発行した物で初診を証明できそうなものを探しましょう、一つでは特定が難しくても、幾つか揃える事により説得力が増します。

しかし、個人情報保護法により医療機関において診断書以外の文書を発行しない傾向や拒否があるようです、その場合は受付窓口や社会保険事務所の担当者に直接連絡をしてもらいましょう

複数の転院、医療機関がある場合「受診状況等証明書」「添付出来ない理由書」をその数だけ複数求められることがあります、診断書料もですが遠方ですと交通費も馬鹿になりません。

初診時の証明、添付出来ない理由書を申し立てても、5年以内(カルテ保存期限)のもっとも古い終診がある医療機関の証明書が求められます、受付窓口へご確認下さい。


私の場合、40年以上前の物心付く前の事で、正確には生後12ヶ月過ぎに近所の医院が初診ではないかと思われますが、その医院は跡形もなく存在していません、そこで、年金での初診概念と食い違いますが、病名が確定した病院での「受診状況等証明書が添付出来ない理由書」を提出し、申立書にその旨書いています
(今思えば書かなければ良かったんですが)、

今後、その初診の現在存在しない医院に受診した証明書の提出を求められる可能性があります、20歳前の傷病での申請ですのでなんとも言えませんが、正直不可能です・・・

10歳頃に転院し平成9年まで通院していた病院では幸い診療記録が保存してあり、そこで「受診状況等証明書」を発行してもらい提出しています、私の場合20歳前の無拠出年金の申請になりますのでこの書類がその証明になりますが、審査する側がどう判断するかはわかりません。

状況によっては大変な作業ですが、初診証明が取れなければ、受けられる年金、障害認定日が確定出来ず申請することが出来ませんのでなんとか頑張りましょう。


【障害年金】メニュー
 障害年金制度
 障害年金 障害等級表
 障害年金 申請の分類
 障害年金申請の流れ
 初診証明・受診状況等証明書
 障害年金診断書
 病歴・就労状況等申立書
 裁定請求・そのほか

HOME
【障害者福祉制度メニュー】 【視覚障害メニュー】
【障害者手帳の取得メニュー】 【聴覚障害メニュー】
【障害年金メニュー】 【発達障害メニュー】
【車両関係メニュー】 【社会の縮図TDRメニュー】
【法律関係メニュー】 【トイレについてメニュー】
【障害者総合支援法メニュー】
(※旧障害者自立支援法)
【小児病棟メニュー】
【学校メニュー】 【私が作るバリアメニュー】
【四肢障害メニュー】 【そのほかメニュー】

スマホ版

【お問い合わせ】

© 2005-2016 ユニバーサルマインド? All Rights Reserved